美醜の大地 ~復讐のために顔を捨てた女~|ネタバレ-結末

美醜の大地 ~復讐のために顔を捨てた女~|ネタバレ-結末

今日のオススメ漫画は「ストーリーな女たち」で連載されているブスのリベンジストーリーを描いた漫画「美醜の大地」です。
あらすじやネタバレ結末・感想をまとめ発信中です!
無料試し読みもあるので是非チェックしてくださいね♩

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜【第1話】泥棒女

⇨「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」まんが王国で試し読み
※リンク先の検索で「美醜の大地」と検索してください。無料試し読みもあります。

美醜の大地 ~復讐のために顔を捨てた女~ ネタバレとあらすじ

時は昭和2年、ハナは当時日本の領土だった樺太で誕生しました。

しかし容姿が醜く女の子たちからひどいいじめをうけました。

リーダーは一番お金持ちで綺麗な顔をしたアヤコという少女。

ミミズいりの弁当を食べさせられたり、自分が書いたようにみせかけて教師に卑猥な手紙を勝手にかかれたりしました。

そのうえ靴がないと探しにいくと飼育小屋の中にありました。

その靴は近くで死んでいる兎の血とまじりあっていました。毎日辛い日々を過ごしてきましたが、ハナの母は女手ひとつでハナと弟を学校に通わせてくれていたので、耐える日々でした。

しかしとうとう泥棒の濡れ衣を着せられてしまい…

美醜の大地-ネタバレ あらすじその後

教師たちはハナのいうことを信じず、ハナはそのまま退学になります。

母親はハナを抱きしめてくれました。

その後終戦とともに樺太から日本に帰国することになった時のことでした。

そのときアヤコに再会し「泥棒が乗ってきた」といわれハナたち家族はその船をおり、翌日の船に乗りますが船が襲撃されてしまいます。

ハナは生還しますが母も弟も亡くしてしまい…

そのとき心の中で思ったのは昨日の船で帰れていたら!!ということでした。

このあとハナは金を稼ぎ顔を整形手術で変えて彼女たちに復讐を誓います。

美醜の大地-感想

いじめって現代のほうがひどいイメージがありましたが、世間にでていないだけで、ひどいいじめは昔からもあったんだろうと考えさせられました。

ありがちといえばありがちですが、この後のハナの復讐から目を離せなくなります!

結末が気になり一気に最終話まで。。。

⇨「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」まんが王国で試し読み
※リンク先の検索で「美醜の大地」と検索してください。無料試し読みもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】