漫画・風光る ネタバレや感想 渡辺多恵子

f:id:rie_mama:20160419150159g:plain

 

風光る

新撰組が好きな方にオススメの1冊です 

 

⇨「風光る」本編はこちら 

※リンク先の検索で「風光る」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「風光る」PCからはこちら

 

風光る 漫画の無料ネタバレや感想

1997年から連載開始になった渡辺多恵子さんの代表作。2002年には第48回小学館漫画賞少女向け部門を受賞しています。

時代背景を幕末に絞った、新選組にスポットを当てている作品は漫画に限らず小説や映画など様々なエンタメ作品で数多く見られます。
女性向けの作品だと、いわゆる「歴女」と呼ばれる層の方々に人気のジャンルとして新選組を中心とした題材の作品が多くみられるように思います。
この「風光る」という作品はそういった歴史を題材にした作品を好む層の中でもライトな人たちに特におすすめできる作品と言えるのではと感じた作品です。
全体的にイラストがキレイで読みやすく、ストーリーもシリアスな場面が多いもののところどころでほっと息を吐けるようなユニークなシーンも挟まっているので息が詰まり過ぎずに読み進められるのが良いと思います。
マンガ的に史実とはかけ離れた展開になる事もあるようですが、それでストーリーが壊れていると感じるような事は無く、逆にこの作品を起点にしてもっと深く歴史を知りたい、あるいは他の作品との違いはどうして出てきたのだろう、というような好奇心が湧いてくる人もいるのではないでしょうか?
史実を元にした重厚な大河作品を求める人にはちょっと肌に合わないかもしれませんが、ライトな歴史系の作品が好き、あるいは新選組を題材にした軽めの作品が読みたい、というような方には丁度いい感じの作品だと思います。

主人公は様々な事情により男装して新選組に加わる、という出だしの作品なので、男装の少女が1人男所帯に混ざって過ごす、というようなストーリーが好みな人にも受け入れられやすいと言えるかもしれません。
ただし作品の時代背景の為ストーリーの展開上どうしても残酷な描写が描かれている場面があるので、そういった描写が苦手な方はちょっと注意が必要かもしれません。

 

⇨「風光る」本編はこちら 

※リンク先の検索で「風光る」と検索してください。

⇨「風光る」PCからはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】