零 影巫女|あらすじネタバレ&感想!和製ホラーにドキドキ

f:id:rie_mama:20160925231753g:plain

 

人気和製ホラーゲームを漫画化した作品です。

主人公は特別な巫女の血をひく影巫女という設定、幽霊と闘ったりでもできます。

  

零 影巫女のあらすじ(ネタバレあり)

小学校のころ沙羅と河音は親友でした。

しかしある夏の夜、河音に誘われて学校のプールに忍び込んだ2人。

正直いって沙羅はなんだか嫌な予感がして早く帰りたくてたまりません。

しかし河音はそんな沙羅をみて「いくじなし」といってそのまま1人でプールに飛び込みます。

しかしその後河音は浮かんでくることなく月日は経過…

あの日の夜の出来事は今も沙羅に毎夜の悪夢をみせてくれます。

 

沙羅は現在建築を専攻する大学生となりました。

そんな沙羅の前にある1人の超常現象カメラマン龍崎が現れます。

警戒する沙羅、しかし龍崎が見せてきた1枚の心霊写真に沙羅の表情は固まります。

龍崎のその写真はある廃校のプール、そこは沙羅のふるさとの小学校でした。

そしてそのプールの水面には河音があのときの姿のままでプールにいて!?

その後沙羅と沙羅と同じゼミの学生と教授、そして龍崎はゼミの合宿をかねて沙羅の故郷へむかい…

 

感想

久しぶりに祖母と再会した沙羅ですが、「死人がでる」と忠告をうけます。

おばあちゃん、結構怖いですね。

その後学生たちに恐怖が忍び寄ります。

沙羅は守ることができるのか?そして河音の事件の真相とは?!ってかんじです。

謎が謎をよぶミステリー感もあって面白いです。

 

⇨「零 影巫女」本編はこちら 

※リンク先の検索で「零」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「零 影巫女」PCからはこちら

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】