漫画・重版出来!のネタバレと感想 黒木華さん主演でドラマ化決定!

こんにちは♩アユミです。

今日は松田奈緒子さんの漫画重版出来!を読みました♩

黒木華さん主演ドラマ化と話題の漫画「重版出来」(ジュウバンシュッタイ)をご存知ですか?

私は、はじめてこの漢字をみたとき主人公の心と同じく「じゅうばんでき」と読んでしまいました。

重版出来の意味は「本を刷ったあとに更に刷る重版ができたこと」、簡単にいえば初めに予想していたよりも本が売れて追加で刷る必要ができたという作者としても編集者としても嬉しい状態のことです。

そんな現象がおこるくらいの漫画を作りたい!それが主人公の心の目標です。

今回はその重版出来!のレビューです!

漫画・重版出来! あらすじ

明るくまっすぐな主人公 黒沢 心

主人公の心は体育大柔道部の出身のバリバリの体育会系女子

かつてはオリンピックをめざし、いいところまでいっていましたが

ケガが原因でオリンピックの夢をあきらめることに・・・

これからどうしようとなった心は昔漫画にハマッたことがキッカケで柔道をはじめたこと、

いつも漫画にはげまされたこと、漫画のおかげで海外遠征のとき海外の選手とも仲良くなれたことを思い出し出版の世界へ就職することを決意します。

そして見事受かったのが興都社という大手出版社、心は週刊バイブスという漫画の編集部に紅1点入ることになります。

二次面接では特技の腕立て200回を面接官の前で披露し、最終面接では部屋に突然はいってきた男を背負い投げで華麗に投げ飛ばしたとおもったら実はその男は社長だったなど合格前から皆の注目の的だった心。

確かに心と同じタイプの人間はなかなかいないような気がするので人の興味をひきますね!

これから編集部にもまれてどんな風に成長していくか楽しみです。

いざはじまった編集の仕事・・・

漫画の編集者としてまずできるようにならなければいけないのがネームのチェックです

ネームとは漫画の下書きのようなものです。絵とセリフが入っているのですがキレイに書く人、字が汚い人いろいろです。編集者はどんなに癖があり汚い字でもそれをきっちり読み取れるようにならねばなりません。

そして次に先輩について漫画家さんとの打ち合わせにむかいます。

有名漫画家さんたちに会えて幸せな心、いや感激してる場合じゃないよ~、ちゃんと仕事覚えようね。

漫画・重版出来! ネタバレと感想

ある看板作家さんにおこった事件

バイブスには三蔵山龍先生という看板作家がいます。

心がその打ち合わせに初めてついていくと先生はとても優しく、面倒見もいいのでアシスタントもいっぱいいました。

ただある1人のアシスタントは自分がデビューできないのは先生のせいだと考え、ある日ひどい仕打ちを先生にします。

それにショックをうけた先生は書いた原稿を引き上げるといいだしてしまい・・・

さてこの事件、解決の鍵を握っていたのはなんと新人の心でした、はたして何がおこり、どう解決したのか!続きは本編をどうぞ☆

「重版出来!」は、まんが王国で読みました♩1巻無料で読めますよ♩
⇨まんが王国
※「重版出来」で検索してください。

<PCからはブックライブがオススメです>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】