箱庭遊戯のネタバレ【6年前に消えた少年に何がおこった!?】

f:id:rie_mama:20160822152757g:plain

 

6年前に消えた幼馴染、村人一丸となって少年の捜索が行われたにもかかわらず少年の行方はわからずあれからもう6年が経過…

しかしその少年が6年の時を経て帰ってきた!?

しかし姿は子供のころとかわらない…

  

 

箱庭遊戯あらすじ

淳真は駅で偶然真理に再会します。

真理とは6年前にひっこしたきりでした。

おばあちゃんの家にでも遊びにきただけかと思いましたがなんとかえってきたとのことです。

そのことを幼馴染の宗二郎に話しました。

宗二郎は喜んでくれるかと思いましたがなんのために戻ってきたんだ!?と困惑した表情です。

じつは宗二郎は真理の兄真人との間に苦い思い出がありました。

それはいまから6年前のこと課外授業で真人と他数人とグループ行動をしていたときに真人が消えてしまったことでした。

そしてそのまま真人は戻ってこなかったのです。

 

箱庭遊戯のネタバレ

このあと淳真は夜偶然外で子どもをみかけます。

それは子供のころの真人そっくりでした。

そして宗二郎から突然メールが届きます。

内容はなんと真人が戻ってきたから小学校にきてほしいというものでした。

嫌な予感しかしないこのメール、宗二郎に連絡をとろうとするものの全く繋がりません。

その後小学校に到着した淳真は宗二郎をさがしはじめます。

すでに廃校になったこの学校、校内は異様なにおいにつつまれています。

そしてある教室の前から特別臭いを強く感じた淳真その部屋にはいるとそこには変わり果てた宗二郎の死体がありました…

 

感想

田舎ホラー。

神隠し(?)にあった子供こわいですね…

このあと宗二郎の葬式場面になると6年前の課外授業のグループ行動とってた他の人物たちもでてきます。

この子たちなんか6年前真人にやっちゃったんですよね。

しかしわからないのはなんで6年後にこんな祟りめいたことがおこるかです。

引き込まれてしまうこと間違いなしのホラーですよ。

このあと出てくる光哉ってやつがなかなかイってる子ですし。

 

⇨「箱庭遊戯」本編はこちら 

※リンク先の検索で「箱庭遊戯」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「箱庭遊戯」PCからはこちら

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】