漫画・ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―のネタバレと感想 警察官は正義の味方か?

こんにちは♩アユミです。
今日は神崎裕也さんの漫画「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」を読んだのでレビューします。
神崎裕也さんは熊本県出身!
「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」の他に「不能犯」「ウロボロス ORIGINAL NOVEL」などの作品があります。


漫画・ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― あらすじ

その事件のはじまりは15年前・・・

深夜の町に警察が集まっていた

6階建てのビルから会社員の男が転落死、自殺と思われる

警視庁新宿第二署 刑事課 強行班係

龍崎イクオ 巡査部長は死体の口元で匂いをかいでいた

その勝手な行動をみていたパートナーの日比野美月は怒り出す

龍崎はどんくさく正直いって刑事課の嫌われ者である

だがこれでも検挙率トップ・・信じられない

さて今回の事件、皆が自殺と口をそろえる中龍崎だけは疑っていた

そんな龍崎のもとに友人のタツヤから一本の電話がはいる

タツヤはじつはヤクザ、松尾組の若頭である

龍崎とタツヤの二人は子どものころからの付き合いで

よく裏ルートをつかって事件の情報をタツヤから入手している

タツヤは会社員の転落死の事件を知っていた

そして今回の事件は自殺ではなく殺人だという・・・

しかも15年前の事件がかかわっているとのこと

15年前龍崎とタツヤはある事件の犯人を目撃していた

そのとき犯人についての情報を警察にいった

しかしその警察官は「君達は何もみていない、何もしらない」といって

子どもだった龍崎たちを脅した

その事件は結局警察によって隠蔽されてしまったのだ

龍崎が警察官となったのはこの事件が原因だ

龍崎とタツヤはあの日誓いあったのだ

必ず15年前の犯人を捕まえる!!と

龍崎のもとへあるニュースがはいる

なんと先日ビルから転落死した男の妻と娘が

車で海に飛びこんだのを発見されたというのだ!

娘は奇跡的に一命をとりとめたが、母親のほうは死亡

しかも解剖の結果溺死ではない・・・

母親のほうは殺されたあとに海に沈められたということか!?

龍崎は唯一生き残った娘の病室を訪れるが・・・

漫画・ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― ネタバレと感想

警察を信用していない警察官は正義の味方か?それとも・・・

この漫画のタイトル「ウロボロス」は二匹の龍という意味みたいです。

警察という「法の番人」の龍崎とヤクザという「闇の番人」のタツヤが協力して悪者を始末するといったかんじでしょうか。

主人公の龍崎は一見仕事できなさそうですが常に笑顔で人がよさそうな外見です。

でも裏ではまるで犯罪者のような冷たい目や感情ももっています。

そのすべては15年前の事件がかかわっているみたいですが、なにがあったか気になりますね!

私は電子コミックサイトブックライブで読みました♩
⇨ブックライブ
※サイト内で「ウロボロス」と検索してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】