【漫画】漂流ネットカフェ ネタバレやあらすじ感想♩

f:id:rie_mama:20160419105605g:plain

 

漂流ネットカフェ

サラリーマンの土岐は、妊娠中の妻とのやり取りに疲れて、ふらりとネットカフェを訪れます。そこで、中学時代の初恋の女性と再会しますが、その直後にネットカフェごと異世界へと飛ばされてしまうのです。

 

 

⇨「漂流ネットカフェ」本編はこちら 

※リンク先の検索で「漂流ネットカフェ」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「漂流ネットカフェ」PCからはこちら

 

漂流ネットカフェ 漫画の無料ネタバレ

社会人になって8年目の土岐耕一は、もうすぐ父親になります。大学を卒業して社会人になってからすぐに知りあったゆきえは、初めての彼女でした。そして、そのままゆきえと結婚した土岐は、他の女を経験した事がないのです。ゆきえはかわいい女性でしたが、妊娠してからはヒステリックで病的になってしまい、ちょっとしたことですぐに土岐を怒鳴り続けます。土岐からタバコの匂いが少しでもすると、生まれてくる子供を殺すつもりかと泣き叫びます。

 

土岐には、気になる女性がいました。中学生の頃に転入してきた遠野果穂です。すごくかわいくて、エロい雰囲気を持っていた遠野に、土岐だけでなくクラス中の男子が惚れました。土岐は遠野と幸運にも仲良くなれ、進学塾でも同じクラスでした。ある雷雨の夜に、土岐は遠野の隣の席で、塾の講義を受けていました。土岐が雷の音にビビり、遠野はそれを聞いて笑いました。その直後に停電が起きます。真っ暗な中で、遠野は土岐の手を握り、驚く土岐の鼻先を、舌先ペロッと舐めるのです。土岐の体には衝撃が走りましたが、電気が復旧したあと、遠野はただ笑うだけです。なんでそんなことをしたのかわかりませんでしたが、土岐は恥ずかしくなり、それから遠野を避けるようになります。そのまま2人は中学を卒業してしまい、それっきりになりました。その経験のためか、土岐は女性が怖くなり、高校、大学と、まともに女性と話す事ができなくなります。そして、ようやく話せる女性が見つかり、付き合い出したのが妻のゆきえでした。

 

土岐は30歳になった今も、中学生の頃のその事件がいまだに忘れられないのです。そんなある雨の夜、ゆきえの待つ家に帰りたくない土岐は、通りがかりのネットカフェふらりと入ります。気になっていたマンガを探していると、1人の女性が目に入ります。その女性は、どう見ても、成長した遠野の姿だとわかります。

再会を喜びあう土岐と遠野。しかし、その直後に巨大な地震に襲われ、気がつくと、ネットカフェの建物ごと、見たこともない異世界に飛ばされていました。

 

漂流ネットカフェ 感想

はじめは異世界の異様さに圧倒されていた土岐でしたが、遠野と再会できたこともあり、病的にうるさい妻の待つ元の世界よりも、飛ばされたこの世界で生きていった方が良いのでは、と迷うようになります。そして、同じネットカフェにいたために、一緒に異世界に来てしまった男女にも様々な事情があり、土岐や遠野と彼らは、複雑な利害関係を持つようになるのです。暴力で従わせる者、それに追随する者、雰囲気に流されてしまう者。そして、女性は男たちの性の対象にされてしまいます。

異世界突入という異常な状況で、異常な心理状態になった男女の生々しい人間ドラマは、見ている読者の心を揺さぶります。というか、かなりグロくてえぐいですが、全7巻で一気に読めますし、予想外のラストが用意されてます!

 

⇨「漂流ネットカフェ」本編はこちら 

※リンク先の検索で「漂流ネットカフェ」と検索してください。

⇨「漂流ネットカフェ」PCからはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】