死刑囚042 漫画のネタバレやあらすじ

f:id:rie_mama:20160422100639g:plain

7人を殺害した罪で死刑判決をうけた男=田嶋良平(死刑囚042号)。彼は政府の臨床実験のため脳にチップを埋められ、公立高校の事務員として派遣される。しかし彼に埋められたチップは脳の興奮が高まると爆発し脳を破壊する!!

 

⇨「死刑囚042」本編はこちら 

※リンク先の検索で「坂道のアポロン」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「死刑囚042」PCからはこちら

 

死刑囚042 漫画の無料ネタバレ

現実の日本でも議論のテーマとして取り上げられる事が多い死刑制度。
そんな死刑制度が廃止になる前段階として、実験を行うことになった。実験の内容は死刑囚の脳に「興奮や殺意を抱いた時に脳が発する周波数を感知すると自動的に爆発するチップ」を埋め込む事で犯罪行為の抑制とし、24時間体制の監視役を付けた状態で社会奉仕させるというもの。
主人公は7人の暴力団関係者を殺した凶悪殺人犯として逮捕された死刑囚。実験を持ち掛けられた主人公はどんな条件だろうと外に出られるなら、と被験を即諾する。
主人公は脳にチップを埋められ、監視体制の中集英高校という高校で社会奉仕を行うことになる。

物語の内容はパッと見た印象では、テレビドラマの「世にも奇妙な物語」に似た雰囲気を感じました。
設定をよくよく穿って見ると、納得のいかない点や矛盾を感じるような所があるかもしれませんが、この作品の魅力は綿密に作り込まれた設定と言うよりは、人と人とが織りなす心のふれあい、ヒューマンドラマのように展開するストーリーこそがこの作品の魅力だと感じました。
舞台が現代日本に似た感じの背景なので、リアリティが気になってしまう場合もあるかもしれませんが、そういった視点にこだわるより、キャラクターひとりひとりがふれあい、変化していく心情などを追っていったほうがより楽しめると思います。

全体的に画のクオリティも高めな印象で、ストーリーの所々でコメディチックなシーンも挟まっているので、全体を通して読みやすい印象になっていると思います。

全5巻で完結している作品なので手を伸ばしやすく、また何度も読み返して楽しめる作品だと思います。買って損はない作品だと思いますので、まとめ買いしてじっくり腰を落ち着けて読むのがオススメです。

 

⇨「死刑囚042」本編はこちら 

※リンク先の検索で「死刑囚042」と検索してください。

⇨「死刑囚042」PCからはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】