村祀り1~3巻ネタバレまとめ【怪しい村に残る因習に纏わる闇】

f:id:rie_mama:20160712224044g:plain

 

最近この村祀りにはまりました!

表紙の妖艶なかんじと「祭り」ではなく「祀り」の漢字に魅かれましたね。

 

オムニバス感覚で読みやすく毎回どんな奇怪な幽村話がでてくるのか楽しみです。

民俗学を研究する男によるアドベンチャーってかんじですが、村が舞台となってホラーっちっくだったりエロちっくだったりもします。

  

 

村祀りのあらすじをネタバレ!

1巻ネタバレあらすじ

Mrホーライという怪しい薬売りと一緒に忍冬村を訪れた三神。

三神は民俗学研究をしている。

2人の目的は村に眠るお宝「天業雲剣」の入手でした。

さてこの村ではどうやら蛇神様をあがめているようです。

このお宝自体ヤマタノオロチ伝説から生まれたものですしね。

 

そのほかこの村では巫女に外のものの子を孕ませるという因習が残ってました。

来客の男をもてなしまくり、最後のもてなしでとして巫女を1晩捧げる。

男としてはなんとうれしいこのもてなし。

しかし巫女の立場としては、いい気分なわけありません。

しかし自分がやらなければ妹が次に男たちと交じることになるだろう。

幼い妹を守るため巫女は我が身を犠牲にしますが、ある日外から女を迎えて自分のかわりをさせようと思いつき・・・

 

2巻ネタバレあらすじ

狸穴村を(まみあなむら)を訪れた三神。

そこで人探しをしている青山翠と出会います。

青山は失踪した自分の先生であり婚約者の花岡をさがしていました。

一見かわいそうな青山しかし三神の目は不審の色。

彼女が身に着けているアレキサンドライトが気になったのです。

アレキサンドライトその石言葉は変わり身、二面性。

その後村に滞在中、テレビで花岡教授の事故死が報道され・・・

 

3巻 ネタバレあらすじ

以前未亡人から預かった黒仏が消えます。

その黒仏をとりもどすべく行方を追うとかつての恋人を失った廃村へ。

そこで三神が目にしたのは動物の面をかぶった男女が交じり合っているという異質な光景でした。

なんとこの乱交パーティーはネットで集められた男女によって行われているようです。

しかも乱交だけじゃなく大麻などの薬物も使用していて。

そのなかでも一番やばいのが秘薬「クグツ」。

 

さてこの秘薬と黒仏の関係とは・・・?といってる間に三神に身の危険せまってます。

 

村祀りまとめ

全体的にグロい部分もあればエロい部分もあるこの漫画。

もっと評価されてもいい気がします。

雰囲気がレトロなかんじがまた村独特の不気味さをさらに高めているかんじがさらにいいですね。

このあとの展開も期待です。

 

 

⇨「村祀り」本編はこちら 

※リンク先の検索で「村祀り」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「村祀り」PCからはこちら

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】