漫画・ヒメゴト~十九才の制服~のネタバレと感想 三角関係の行方は?

こんにちは♩アユミです。
今日は峰浪りょうさんの漫画ヒメゴト~十九才の制服~を読んだのでレビューします。


漫画・ヒメゴト~十九才の制服~ あらすじ

19歳という微妙な年齢、4人のキャラが絡みあう性と欲望

〈主な登場人物〉

由紀

読み方は「ユキ」だが男っぽい性格からか中学時代から「ヨシキ」と呼ばれています。

大学生になれば「ユキ」としてもっと女の子として生きていこうと思っていましたが、中高同じ祥が大学にまでついてきてしまい、結局大学生活も「ヨシキ」として過ごすことになってしまいました。そのキャラゆえ高校時代も制服のスカートの下はジャージをいつもはいていました。大学生になった今も常にジーパンにTシャツといった男っぽい格好です。でも内心は本当は女の子になることにとても憧れていて、大学生になり一人部屋でコッソリとやるようになったことは高校の制服をきて自慰をすることでした

カイト

かっこよく大学内では王子様的存在。いつも周りには女の子がいっぱい。ただ人望があるため男の友達も多い。そんなカイトの秘密は女装をすることです。それは幼いころ母に女の子の格好をさせられたこと、その後付き合った女の子にもさせられたことがキッカケです。女装は大学内の憧れの女の子ミカコのマネをいつもしていて、部屋にはミカコと同じ服があふれています。女装していると言葉もオネェになります。由樹に対しての第一印象は「キレイな子」それなのに女の子をむだ使いしている由樹に腹がたっていたところを由樹に女装がばれたことがキッカケで由樹と「女友達」の関係になります。

ミカコ

見た目は黒髪が似合う清楚で可憐なお嬢様。大学内でも「門限があるから合コンはいけない」「男の人は苦手」で通しています。しかしその実態は夜になれば渋谷の町にセーラー服姿で15歳と偽り援助交際でお金を得る少女です。女王様キャラで男を見下げてするセックスが日課。しかしこんな子になってしまったのはミカコの幼少期からの苛酷な環境が原因です。それは最終巻にかけて少しずつあきらかになっていきます。ちなみに由樹のことが大好きです。

由樹の中・高からの腐れ縁。「ヨシキ」の名づけ親でもあります。由樹のことがずっと前から好きで、ある日カイトのおかげで少し女らしくなった由樹を襲ってしまい、二人は絶交となります。その後由樹から祥を離したいミカコの策略にはまりミカコの家に居座るようになります。

はじめは淡々と進んでいくストーリー

漫画の第1巻ではおもに由樹、カイト、ミカコのそれぞれの秘密が描かれています。それから次第にこの三人が少しずつかかわるようになり、カイトが好きな由樹、ミカコに憧れるカイト、由樹を好きなミカコという複雑な三角関係ができていきます。そしてその間には出番は3人に比べてとても少ないですが祥の存在もあります。

漫画・ヒメゴト~十九才の制服~ ネタバレと感想

三角関係の結末は・・・

「制服」を使用したカイト、ミカコ、由樹、三人各自の秘密がお互いにばれます。しかし、その中でもやはり大きいのはミカコの秘密です。援助交際は犯罪ですし、彼女の心は19歳とは思えぬほどに歪んでいました。どの登場人物もミカコからひどいことをされてきましたが皆、優しい子たちゆえ最後にはミカコを守ろうとします・・・

最終巻まで登場人物たちの行動や心理が進んだと思ったらまた戻ったりしてちょっとイライラすることもありました。でもそれだけ19歳って複雑なんだよ、変わりやすいんだよということかもしれません。もう19歳のときの気持ちも覚えてないのでわかりませんが。さてアナタが19歳のころはどうでしたかね?

「ヒメゴト~十九才の制服~」は、まんが王国で読みました♩
⇨まんが王国
※「ヒメゴト~十九才の制服~」で検索してください。

<PCからはブックライブがオススメです>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】