ぢごぷりのあらすじと感想【画と内容のギャップがある子育て漫画】

f:id:rie_mama:20160830160057g:plain

 

これ、絵と表紙的に男性うけてきな漫画かとおもってました(だって絵がロリロリ☆ってかんじなんだもん。)でもじつは予想外なことに子育て本なんですよコレ。
さてそんな「ぢごぷり」の内容とは1部ネタバレしていきます!

  

ぢごぷりのあらすじをちょこっとネタバレ(試し読みしてほしい)

「出産した姉とその赤ん坊+姉の妹の地獄(?)の日々」

 

病院に姉を迎えにきたかなめ。

本日姉のあゆみは退院したのです。

ちなみにべつに病気ではなくて出産です。

生まれたのは夢子、かわいい姉にくらべなんだか渋めのそのお顔、まぁ生まれたばっかだもんね。

そして姉を車にのせ安全運転開始。

そのまえにはじめてのチャイルドシートにちょっと苦戦しました。

じつはあゆみとかなめは双子です。

そして姉のあゆみはつい去年まで制服をきていた女子高生でした。

そして家に到着したあゆみとかなめ。

かなめは姉の育児をこなす姿にあこがれを抱き自分も手伝いたいと奮闘します。

しかしこの子育て1人でも2人でも大変なものは大変!!

かなめはできるだけあゆみの助けができるように頑張りますが、泣き出すだけでもう大変。

あゆみはあゆみで夜泣きに困り果てストレスがたまっていきます。

まさにここは地獄の何丁目?

 

ぢごぷりの感想

面白かったです。

育児本としてもたのしめるのではないしょうか。

そういった漫画には普段なさそうなロリ絵が逆によかったです。

なんかあかちゃんの夢子より姉妹のほうがかわいいとしか思えませんでした。

最初はほんわかした優しいおねえちゃんでありお母さんってかんじのあゆみも夜泣きでストレスが限界に突入すると

「おっぱいとうんちしか能がないのね。まさにクソガキ」

と夜中に泣く夢子をつぶやく姿がリアルに怖かったです。

 

そしてその後そんな感情を抱いてしまった自分に対する罪悪感、母親失格、うーんこうゆうこと子育てしてるとき結構だれしもが経験するかんじです。

それにしても夢子、成長すればするほど渋い!そこが逆にかわいい!!かも?

 

⇨「ぢごぷり」本編はこちら 

※リンク先の検索で「ぢごぷり」と検索してください。無料試し読みもあります。

⇨「ぢごぷり」PCからはこちら

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【スポンサーリンク】